沖縄発ビジネスモデル

"同日搭載・翌朝到着"で日本‐アジアを結ぶ最速航空輸送モデル

2009年10月、沖縄・那覇空港からアジア主要8都市(ソウル、上海、台北、香港、バンコク、成田、羽田、関西)に向けて、ANA CARGOが運行開始。衆目を集める「沖縄ハブ&スポーク*」方式が、大きな期待と共に幕を開けました。

ハブ&スポーク(hub & spoke):
航空網の中継的役割を果たす拠点空港をハブ(車輪の中心)、各空港までの航空路をスポーク(車輪の輻)と呼ぶ。一旦荷物をハブに集めた後、そこからスポークが伸びるかのように各空港へと輸送する。

『沖縄ハブ&スポーク』で競争力強化

沖縄からアジア主要都市、そしてアジア各地へ。また、アジア主要都市から沖縄を経て、国内15都市へ。よりスピーディーで効率的に、沖縄ハブは成長するアジアを一つに結びます。

沖縄ハブ

たった一晩で「沖縄‐アジア各地」

19時まで集荷された荷物は、深夜1時頃に沖縄到着。24時間稼働の那覇空港で効率よく積み替えされた後、早朝の便でアジア主要5都市へ輸送されます。もちろん、アジア各国から日本国内へ荷物が動く場合も、同じようにたった一晩で実現します。

最遅出発時刻

新たなビジネスチャンスを創出

今後も成長が見込まれるアジア経済。「沖縄ハブ&スポーク」により、いっそう至近になった各国に向けて、新たなビジネスを展開する好機と言えるでしょう。

たとえば

経済成長と共に高まりそうな食の高級化やヘルシー志向。それに応じて、良質で安全性の高い日本産高級食材をアジア諸国に輸出。
アジア各国で効率よく生産した家電や自動車の部品、医薬品、食料などを沖縄にストックし、お客様のニーズにスピーディーに対応。

世界的な美しさを誇る海、
どこか懐かしい街並みなど沖縄の美しい風景をご紹介します!