国頭村の自然豊かなこの農場には、養豚場特有の臭いがありません。「ストレスがない環境だから、おいしい肉に育つ」と笑顔で語る生産者。豚たちの健康を守るため、人里離れた場所に農場があるのです。

世界三大豚の在来種アグーをはじめ豚食文化は沖縄の伝統

「鳴き声以外すべて食べる」といわれるほど、沖縄料理に欠かせない豚肉は、
とても良質なたんぱく質で、疲労回復に有効なビタミンB1を豊富に含みます。
沖縄でよく食べられている脚、皮、顔、耳などは、肌の弾力を保つコラーゲンが豊富です。
また、アグーは、一般の豚に比べて、脂肪の融点が低く、低コレステロールで、
旨味成分のグルタミン酸が豊富です。
沖縄では毎日のように豚肉を食べ、たんぱく質をしっかり補給するため、
何歳になっても元気な高齢者が多いのでしょう。

  • 豚肉の写真1
  • 豚肉の写真2
  • 豚肉の写真3
  • 豚肉の写真4

印刷

沖縄は豚肉の産地として国内外から注目を集めています。

ビタミンB1を含み、疲労回復には最適な豚肉。暑い沖縄での生活には必要不可欠な食材です。沖縄では「鳴き声以外は全て食べる」といわれるほど豚肉は愛されており、あらゆる部位を美味しく調理し食べられています。

沖縄の大地が育てた美味しさ

美しい海と色濃く残る山々が特徴の沖縄の大自然で育っ
た鮮度の高い沖縄産豚肉を独自の熟成技法でじっくり
仕上げました。旨みたっぷり、豚肉本来の美味しさが
活きている豚肉です。
●特徴
柔らかい肉質と甘味ある味!

料理の味に差がつきます。あらゆる料理の食材に!

県産豚肉は、あっさりとした味付けの日本料理や豚肉を上手に使った沖縄料理には最適です。
もちろん、中華料理、西洋料理といったあらゆる料理でもご利用いただくことで、料理の味に差がつく美味しさを演出できます。
また日本の中でも人気の高い沖縄産ブランドを訴求できるのも大きな強みです。
●沖縄のブランド豚に琉球王国からの在来豚の血をひく「あぐー」というブランド豚があります。
この「あぐー」は生産性が低い豚であったため、明治時代より洋種による改良を加えることで肥育しやすく、美味しい黒い豚が生産されるようになり、現在の「あぐー」の原型となりました。
現在では更に生産性を高めるため、白豚の雌と黒豚の雄を掛け合わせて、まるでパンダのような黒い斑点のある豚が生産されており、その血を引き継いでいます。